ライフスタイル

初めての子連れスタバに挑戦!ママだってたまにはスタバに行きたい

子連れでスタバ キッズビバレッジ

初めて子供たちを連れてスタバに行って来ました。

連れて行ったのは5歳児と3歳児。

果たして子連れでもスタバを楽しむことはできたのか!?

子連れスタバに挑戦!~テラス席編~

行ってみたのは、公園やスタジアムや競技場など、いわゆる複合施設がある駐車場の一角にあるスタバです。

スタバでテイクアウトをした飲み物を片手に公園を散歩する人がいたり、はたまた散歩の後にスタバでゆっくりお茶をしたり、そんな雰囲気の場所です。

今回私たちは公園で散歩をした後、ランチがてらスタバへ行くことにしました。

うちの子達はお店の中でウロチョロしてしまうタイプなので、今回は店内での飲食ではなく、テラス席での飲食に挑戦してみました。

 

店内にはビジネスマン達…ドキドキです

平日のお昼過ぎ、店内は空いていましたが、ビジネスマン&ウーマンや勉強している学生が目立ちました。

公園の一角のスタバなので、一人の時間を楽しむ人やマダム達が多いかな?と勝手に思っていたので意外でした。

そんな状況だったので、子供たちが騒がないかドキドキしつつ

「お勉強している人がいるから、静かにね」

と念を押して、メニューを選ぶことに。

 

子供にはキッズメニューがオススメ

レジ横の冷蔵庫からフード(サンドイッチ系)を選びます。

ベーカリー系やデザート系も美味しそうでした!

レジでは一緒にドリンクも注文。

息子にはキッズビバレッジ(キッズメニュー)からキッズココアを注文してあげました。

ちなみに、キッズビバレッジ(キッズメニュー)にはこんなドリンクがありますよ。

  • キッズココア
  • キッズミルク
  • キッズアップル・キッズオレンジ(紙パック)

今回はアイスココアを選びました。

店員さんが氷を入れるかどうか聞いてくれます

息子には氷なしを頼みましたが、ちょうど良い温度だったようです。

ちなみにホットの場合は、子供がすぐに飲めるよう、ぬるめの温度に温めてくれるようです。

ありがたい心づかいですよね。

テラス席に行くも…撃沈?

空いていたこともあって、フードもドリンクもすぐに出してくれました。

子供がいるからと、店員さんがおしぼりを多めにくださいました。

ここでも嬉しい心づかい…ありがとうございます。

子供たちが暴れ出す前に、いざ!テラス席へ移動です。

その日は少し寒い秋空だったので、テラス席は正直ちょっと寒かったです。

子供たちも「寒い寒い」言いながら、サンドイッチを頬ばっていました。

公園で遊んだ後だったので暑かったのかアイスココアを選んだ息子でしたが、やっぱりホットを選んであげれば良かったかな?とちょっと反省です。

結局、子供たちが寒いのはかわいそうだったので、食事も猛スピードで食べて、食器を片づけて帰ることに。

自分が頼んだホットドリンクは、帰りの車の中でいただきました。

まぁ、ゆっくり食べられないのは子連れあるあるですよね(笑)

 

マナーを守りつつ、自分にもご褒美を

そんな肩身が狭い思いまでして&食事もゆっくり食べられないのに、どうしてスタバに行くの?と思われるかもしれませんが

理由は、私が行きたかったからです。

スタバのドリンクは私の癒しでもあるので、どうしても飲みたかったのです。

「子供がいるから」と諦めるのではなく、「子供と行くにはどうしたら良いか?」を考えたら今回のような感じになりました。

子連れでも、テラス席での飲食なら比較的利用しやすいように思いました。

その代わり、天候は少し考慮する必要があるかもしれませんね。

スタバの店員さんは、子連れにもとても優しかったです。

その優しさに感謝感謝です。

スタバのティーラテ美味しかったな。

マナーを守りつつ、また子連れスタバに挑戦したいなと思います。

 

おまけ:スタバのサンドイッチは3歳児もお好き

ちなみに、選んだフードメニューは

です。

どちらも温めてもらえます。

私はトマトチキン&モッツァレラ石窯フィローネをいただきました!

温めてもらうことでチーズがトロリとして、とっても美味しかったです!

中にチキンやマッシュルームなども入っていて、しっかりとボリュームもありました。

お味はピザ風ですね。

手が汚れずに食べられるのも嬉しかったです。

写真撮れば良かった~!

ベーコンエッグ ホットサンドは娘が食べました。

3歳児が一人で食べるにはちょっと食べづらそうでした。

でもお味は安定の美味しさだったようで、一人でペロリと平らげてしまいました。

今度はベーカリー系やデザート系を一緒に食べたいです。

 

こちらの記事もおすすめ
  • おすすめの投稿がありません
もも

家とカフェで仕事する、引きこもり主婦。最近建てたマイホームが居心地良すぎて「そういえば今日、一歩も家から出てない…」という日も多々あり。ライティング・マーケティング・心理学・お金の勉強が趣味。